≪ 他の釣具も見れるよ! ⇒ トップページへ ≫

2013年10月24日

ショアジギングロッドをどう選びますか?(ミドル級)

---------------------------------------------------------------------------
釣具の選び方は人それぞれですよね。

その人の経験だったり、取り巻く環境だったり。。。

選ぶときに何を優先させるかってところを書いてみます。

特にショアジギング初心者の方には参考なるかと思います。



@お気に入りのメーカーがあるんだ!

 ⇒ 『ラインナップ』ページへ
  メーカーごとに分けて一覧化してます。



Aコンパクトに仕舞えるのがいいな!

 ショアジギング以外の釣りもするから、他の竿と一緒の竿ケースに
 入るのがいいな! 
 ⇒ 『仕舞寸が短いもの一覧』ページへ

   釣りのスタイルに関わるところですね。
   いろんな竿を1つの竿ケースに仕舞うって方、移動手段(車など)の
   広さに制限があるって方は竿のコンパクト性(携帯性)を優先させましょ。
   ちなみに、携帯性に優れたショアジギングロッドって意外と少ないんです。
   竿の強度を犠牲にせずに継数を増やす(携帯性を高める)ことが技術的に
   難しいみたいです。



B釣り中のライントラブルが少なくなるほうが重要だね!

 絡んだラインにイライラしながら釣るのは、絶対にイヤ!
 ⇒ 『ライントラブル軽減ガイド(Kガイド)搭載一覧』ページへ

   釣りでは時合いの要素が大きいので、釣具のトラブルで
   タイムロスするとストレスがたまり、悔いが残ったりします。
   ガイドへの糸絡みトラブルを軽減するものを選んでみましょ。

   ※Kガイドとは、PE使用時にガイドへ糸絡みが発生しても
    自動で解消してくれる優れもの。(賛否両論ありますけどね!)
    初心者にはありがたい機能ですよね。



C遠投が好きだ〜っ!

 ⇒ 『遠投性に優れたもの(基本的には長いもの)一覧』ページへ

   わかりますっ!あの爽快感はたまりませんよね。
   よく飛んだ時なんて、こっそりドヤ顔ですもんね。。。



D大きめのジグ(ルアー)を投げないといけないんだ!

 ・潮の流れが速くて、軽いジグだと話にならない
 ・水深が深くて、軽いジグだと着底に至らない
 ・対象魚が大きめなので、大きめのジグが必要
 ⇒ 『重めのジグを扱えるもの一覧』ページへ

   釣り場、対象魚に依存する条件は、避けられませんよね。
   最適なジグを扱える竿を選びましょ



E体力に自信がありません。

 ⇒ 『重さ(自重)が軽いもの一覧』ページへ

   自分の体力に合っていない釣りをしても、楽しむことはできません。
   無理するより、自分に合った竿と長く付き合う方がいいと思いますよ。
   その方が絶対、釣果がのびます



F安ければいいよ。付き合いで1回やってみるだけだから!

 ⇒ 『トップページ』へ
   値段ごとに分けて一覧化しています。



竿の何を優先したいか、自分で納得いくまで悩んでみるのも、釣具選びの楽しみのひとつですよね。












≪ 他の釣具も見れるよ! ⇒ トップページへ ≫





posted by 丸坊主 at 14:45 | Comment(0) | 選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。